投資顧問を利用するメリット・デメリット

メリットとデメリット

専門家のアドバイスに沿うことで大きなリスクを避けることができる

株の運用は専門知識が必要になるため、初心者にとっては決して容易ではないと言えます。また、株価の変動を予測するには多くの経験を積むことも重要ですから、その点においても初心者は株の運用が難しいと言えるでしょう。投資顧問を利用するのは初心者にとって難しい、株の運用に関する豊富な知識や経験に基づいた的確なアドバイスを得るのが目的です。株の運用は必ずしも成功するとは限らず、時には損失を被ることもあります。初心者が当てずっぽうで銘柄を選んでも、良い結果を得られる可能性は非常に低いと言わざるを得ません。その点、投資顧問のアドバイスを得ることができれば、経済の先行きを見越した堅実な株の運用を行うことができます。

投資顧問の利用は損失を被るリスクを軽減すると共に、利益の安定化が期待できるメリットがあると言えるでしょう。また、プロのアドバイスに沿って運用を行うことにより、精神的な負担が少なくなるのもメリットのひとつです。

投資顧問を利用するための出費が嵩むことがある

投資顧問は、株を運用する人へのアドバイスを行うのが仕事です。独自の情報網を持ち、豊富な知識と経験に基づいたアドバイスは初心者からベテランまで幅広い層に需要がありますが、情報を提供するサービス業でもあることを忘れてはいけません。投資顧問を利用するためには、顧問料を支払う必要がある他、場合によっては成果報酬を請求されることもあります。リスクの少ない株の運用を行うには、投資顧問のアドバイスは不可欠とも言えますが、顧問料や成果報酬の支払いで得られた利益が大きく減ってしまう可能性は否定できません。また、実績が豊富で高く評価されている投資顧問でも毎回必ず見通しが正しいとは限りません。時には判断を誤ることもあります。

投資顧問を利用するのは大きな損失を避けるためには効果的な選択ですが、その一方で出費が嵩んでしまうデメリットが併せて生じるのも事実です。

投資顧問の選び方は株を運用する目的で変わる

ひと口に投資顧問と言っても、仕事の得意分野は様々です。株の運用を例にとっても短期間で大きな利益を得るか、長期間の運用でこつこつと財産運用を行うかで利用する投資顧問の選び方が変わります。

また、顧問料や成果報酬の金額が投資顧問の能力と必ずしも比例するわけではないことも併せて注意しなければいけません。知名度や顧問料などの金額で安易に即決せず、自分が目指す株の運用方法と投資顧問の得意分野を照らし合わせ、相性がぴったりな所を選ぶのが損失のリスクを大きく減らすための秘訣と言えるでしょう。

あわせて読みたい記事

人気記事ランキング
アーカイブ