投資顧問と投資信託の違い

投資信託

投資のアドバイスをするのが投資顧問

投資顧問と投資信託の違いを理解するには、それぞれの特徴を知っておく必要があります。投資顧問とは、株式や債券などの金融商品を購入する人の相談に乗り、投資に関するアドバイスを行う人や企業のことです。「どの金融商品を購入するか」や「どの会社の株を購入するか」などの悩みは、どんなに経験を重ねた投資家にも付いて回ります。特に投資を始めて間もない頃はひとつひとつの選択に自信が持てず、不安を感じることも多いはずです。そんなときに頼りになるのが投資顧問です。

集めたお金を複数の金融商品に分けて投資する投資信託

投資信託とは、広く投資家から集めたお金を複数の銘柄に分けて投資する金融商品のことです。投資顧問との大きな違いは、投資顧問が投資のアドバイスをする会社や個人を指すのに対し、投資信託は金融商品そのものである点です。

投資信託では集めたお金を株式や債券、不動産などに分散投資するのが特徴です。分散投資とは値動きの異なる金融商品を複数購入することで、金融商品の値下がりで生じる損失を最小限に抑える投資方法です。分散投資をより効果的に行うには、金融商品に関する情報収集や値動きのチェックを頻繁に行う必要があります。このように、投資を始めたばかりの人にとっては難しい部分が多い分散投資も投資信託を利用すれば意識せずとも実践できます。

また、投資信託では投資のプロが購入する金融商品の銘柄や売買のタイミングを決めます。そのため、投資信託を利用すれば利益が上がりそうな銘柄を探したり、売買のタイミングに頭を悩ませる必要もなくなります。そのことから、投資信託は投資初心者でも利用しやすい金融商品と言えます。

投資顧問と投資信託の違い

投資顧問が投資の助言をする会社や個人であるのに対し、投資信託は金融商品そのものであることは前述の通りです。しかし、これ以外にも両者の間には大きな違いがあります。それは、実際に金融商品を運用するのが誰であるかの違いです。投資信託の場合、集めたお金をどのように運用するかはファンドマネージャーと呼ばれる投資の専門家が決定します。一方、投資顧問の場合には投資顧問はあくまで投資に関するアドバイスを行うだけで、お金の投資先を決定するのは相談者自身です。

他にも、投資顧問と投資信託では発生する費用にも違いがあります。投資顧問が月々2万円~10万円程度の顧問料が必要なのに対し、投資信託では販売手数料や信託報酬などが必要です。一般的に、投資信託の販売手数料は購入価格の2~3%程度であり、中には販売手数料がかからない「ノーロード型」と呼ばれる投資信託もあります。信託報酬とは、投資信託を持っている間にかかる手数料で、預けている金額の0.5~1.5%程度が相場です。また、投資信託の場合、解約時に信託財産留保税と呼ばれるお金を払う必要があります。信託財産留保税の相場は投資額の2%程度です。

どの程度の顧問料が必要な投資顧問会社を選択するか、投資信託にどれくらいのお金を投資するか、などによって投資顧問や投資信託を利用する際にかかる費用が変わってきます。少額しか投資に回せない人にとって、高額な顧問料が必要な投資顧問は現実的ではありません。しかし、多くのお金を投資に回す人にとって、投資のプロからアドバイスがもらえる投資顧問は必ずしも高い買い物ではないでしょう。

あわせて読みたい記事

人気記事ランキング
アーカイブ